ぎにゅっ娘。メモ

隊長:苦労症ときどきドジッ子。日々陸子のセクハラに悩まされている。身長159㎝。最初Dカップという設定だったが、描くたびに胸が膨らみ今ではEカップに。腰が細めなので少しアンバランス。別名喜び組。デザイン自体は、実はぎにゅっ娘を描く前に創作した「牝狗たん」の流用。チャームポイントはふともも。胸なんて飾りです、エロイ人にはそれがわからんのです
 肉体を取り替えて生き続けるため、常に自分の肉体との違和感に悩まされ続けるという裏設定がある。

バタ子:Fカップの巨乳。そうです、胸だけです。エロイ人はわかっています。170㎝と女性にしては長身。もとグラビアモデルという異色の経歴を持つ。いやしい系。巨乳のくせにスピード重視の攻撃が得意。スピード重視なのは「中途半端な速度だと胸が揺れて痛いから」。「肌の露出が少ない」という理由でニーソにしたのだが、正直スマンカッタと思っている

陸子:至高のエンターテイナー。原作の方も無駄なサービスっぷりが素敵だった。彼女の行動・発言によってネタが限りなく溢れてくる逸材だが、サイトのHP(品性ポイント)も確実に削られていくという諸刃の剣。166㎝。最初Eカップという設定がされていたが、隊長と設定が入れ替えられた。

ちず子:通称は「チーズの子」が縮んだもの。原作で最も一般受けしているが、ロビンソンではそういう奴は出番を落とされる傾向にある。そういうわけで、特に絡みがあるわけでも何か深い考えがあるわけでもなく、ただのアホな子と化した。150㎝、A寄りのBカップ。

ヨー子(グルド子):「ヨーグルトの子」が縮むと「ヨー子」になるが、わかりにくいので滅多に使われない。ローゼンメイデンにおける黄色い子のポジション。「いらない子」とも言うが、ボケ倒し集団における貴重なつっこみ役なので決して「いらない子」ではない。ロリネタでよくひどい目に遭わされている。身長138㎝、胸はまな板

<追記>
 身長についての設定はころころ変わるかもしれない。
[PR]
by robin96 | 2007-05-28 00:15 | メモ
<< 5月28日 5月27日 >>