1月8日

 6 Jan 2008 23:11:26>>「消しも入れないで自分の顔写真を出しても何の危機感もない」 Bossもネットデビューの口ですか。http://scottshaw.org/ 一応公の人と思えば……

 誤解を招いたようなのでもうちょっと詳しく書く。

 ボスみたいな(一応)大学の教授で公に知られている人や、アイドルとか有名人がブログを持つ場合、それは「公式ブログ」と呼ばれる事が多い。身分・名前・顔を明らかにした上で「いつどこで何時にこういうイベントをします」みたいなことを書かないと意味がない。ぶっちゃけ「顔が知られてなんぼの商売」なのである。たまにごく個人的なことを書いたとしても当たり障りのないことしか書かないし、間違っても「今日のコンサートでデブオタが最前列で見てたよキンモー☆」とは書かない。公式ブログは人目に触れて然るべき事を人目に触れて然るべき状態で掲載しているだけで、人目に触れて然るべきではないことを人目に触れて然るべき状態にして掲載する物ではない。例えて言うと、ご飯を食べるときに「頂きます」とは言うけれど、トイレで用を足すときに「出します」とは言わないだろ?(嫌な例え

 個人的なブログは、上の例えを継続して言えば「トイレで『出します』って言ってるんです」と書くためにあるようなものである(トイレから離れろ)。基本的に身分くらいはいいとして顔・実名は決して出さないのが鉄則である。「自分は身も心も潔白だから顔や実名を晒しても大丈夫」などとは思ってもみるな。ネット上に出した時点でそれは世界中に大公開されているのであり、世界中の人間の評価に晒されると覚悟するべきなのである。諸君は自分の顔を世界中の人間に大公開して「わあカワイイね」「うほっ、いい男…」と言われる自信があるか。ロビンはない。ブログにごくあたりさわりのない事を書いていたとしても、かっこつけてる顔写真を掲載した時点でもうアウトである。例え、自分でどんなにかわいくプリクラが撮れたとしても、どんなにハンサムに写真が撮れたとしても、それを「見て見て」とブログやホームページに載せれば、誰だって「こいつは馬鹿か」と思う。俺だってそー思う。知り合いが見たら「かわいいね」と言ってくれるかも知れないが、全然知らない奴から見たら「アイドルでもないのに自分がイケてるって事アピールして何になるの?」である。そもそも自分を「かわいい」「かっこいい」とアピールすること自体、どんな人間がやっても鬱陶しい。誰もが絶句するような絶世の美男美女でもない限り「大したことねえよ」と言われて当たり前なのである。世の中「ああかわいそうな人なのね」と思ってそっとしておいてくれるような優しい人ばかりではないので、どっかに悪意を持って晒されたりえげつない罵倒コメントでいっぱいになるようなことがあっても、そして背景から住所割られたり、仲の悪い人間に「ああこいつ知ってる知ってる」と個人情報を垂れ流しにされたとしても、それはネット世界を舐めた本人が悪いとロビンは思っている。どんなことをすればブログが炎上するか、ちょっと考えればわかりそうなものじゃないか。ああ考えなかったのか。現実世界と同じにみんなあたり障りのないことを言ってくれると思ったのか。半年ROMれとはよく言ったものだ
 そういうわけだから、罵倒されたかったらいくらでも自分の写真を晒せば良い。あと、こんなこと書いておいて個人情報だだ漏れなロビンが一番危ないんじゃないだろうかと今更後悔している
[PR]
by robin96 | 2008-01-08 22:23
<< 1月9日 1月8日 >>