人気ブログランキング |

3月10日

 ロビンの好きな宗教ジョークの話。

>信心深いワトキンス婦人が目を覚ますと、昨夜からの大雨で川が氾濫し、すでに1階は水没していた。2階の窓から表を覗くと、水位はさらに上がってきていた。そのとき、窓の外をボートに乗った男が通り掛かり、家の中の婦人を見つけて叫んだ。
>「このボートにお乗りなさい!」
>すると婦人はにこやかに言った。
>「きっと神様が助けてくださいます。どうか構わずに行ってください」
>夕方になると2階も水没してしまい、婦人は屋根の上に避難した。そこに別のボートが通りかかり、屋根の上の婦人に向かって叫んだ。
>「早くこのボートに!」
>しかし婦人はにこやかに言った。
>「きっと神様が助けてくださいます。どうか構わずに!」
>夜になるとさらに水位が上がり、婦人は屋根のてっぺんの避雷針につかまって、どうにか流されずにいた。そこにまた別のボートが通り掛かり、婦人に叫んだ。
>「流されてしまいますよ!早くこちらへ!」
>それでも婦人はにこやかに言い放った。
>「きっと神様が助けてくださいます。大丈夫!」
>しかしやがて婦人は力尽き、溺れて死んだ。
>天国に着いたワトキンス婦人は、神様に会わせてもらうよう、天使に頼んだ。神様の前に立った婦人は、少し責めるような口調で言った。
>「神よ、なぜ私をお助けにならなかったのですか?」
>すると神様は厳かに答えた。
>「だから3回もボートを送ったではないか」

 ちなみにこれは神様をアラーに改変した(ひょっとしたらそっちが原型かもしれないが)イスラム型もある。

 で、ロビンはこのジョークの何が好きかというと、「神の助けは思っているのと違う形で来る」「そしてそれをうまくキャッチしないといけない」というところがよく現れているところが好きなんである。信仰深いからと言って神に助けて貰えるとは限らない、もしくは神の助けは思ってもみない形で来ることがあるので、よく注意してアンテナを張っていないといけませんよ、という話でした。ある意味では、柔軟性に欠けるなんらかの信者をバカにしたお話とも言える。
 イスラムだかアラブだかの格言の「神を信頼せよ、だがラクダをつなぐのを忘れるな」という言葉も同じくらい好きだ。やることちゃんとやらないと神様も助けてくれませんよ

>>参考サイト


>>追記
12 Mar 2008 23:47:47>>神様の直接の助けでないと受け取れないのか。命が関わっているというのに、究極のワガママさんですね。
 もう、本当にワガママさんなんだからウフフ。あとでいっぱいクチュクチュしてあげるから今はあっちに
 あれ?なんの話だっけ?
by robin96 | 2008-03-10 14:34
<< メモ メモ<赤石> >>