6月4日<黄金注意>

・ロビンちではなぜか、寄ると触るとウンコの話になる。ウンコは健康のバロメーターだからしかたが無いじゃないか!そして、一番の注目の的は今年で15歳になる飼い犬のウンコである。緑の歯磨き用おやつを食わせると緑と黄のマーブル色になります。そんなことはどうでもいい。ひところでは、庭を自分のテリトリーと心得て絶対にそこではしなかったが、脱腸の手術で一時期垂れ流しせざるを得なかったのと、家人が忙しくなって散歩が一日一回に減ってからは、そんなことも言っていられず結局するようになった。しかし、近頃そのウンコを見かけなくなったので、不思議に思ったロビン父が探しまわったところ(ほっとけばいいのに探すところがロビン家である)、納屋を勝手に間借りしているネズミが、犬の糞をひっぱっていたことが判明した。スカトロジーというか究極のエコというか。ていうかうまいのか?ロビンは思わず遠い目になった。近所ののら猫に食われてくれんだろうか。
参考:大学院で真剣にウンコの勉強している者ですが


・動物ネタが続いて申し訳無いが、大泉学園がそういう環境だから仕方ない。最近、朝にガタガタプルプルニャーニャーとうるさいので、部屋の窓から車庫の屋根を覗いてみると、ロビンちに生えているキーウィのまわりに、3匹の猫がたかって枝をかじっていた。そのうちの2匹は、去年まで隣んちの庭に住んでいたコンタミ猫(いろんな色が混じった全体的に汚い毛色の猫)の息子のキジ虎猫である。そしてもう一匹が、コンタミ猫を全体的に白ボケさせたような色の猫であった。多分メス。つまり、兄弟で仲良く一匹のメスとつるんでいるわけで、けしからん。それはどうでもいい。ロビンちの車庫の上にちょうどいい感じにキーウィの枝が這っていて、それが遊び場兼またたびバー(キーウィはまたたび科)になっていたというわけである。なんてこったい。キーウィが猫を呼び寄せていることをご近所に知られるとまずい。何しろ、隣んちにきた生協のクロワッサンを盗んでいったのはその雉虎猫である。ばれたら総スカンをくらうかもしれん。いいか、キーウィとかまたたびとか植えるなよ、絶対だぞ!
[PR]
by robin96 | 2008-06-04 22:45 |
<< 6月5日 6月4日 >>