人気ブログランキング |

<   2006年 12月 ( 22 )   > この月の画像一覧

12月31日

 大晦日イブなんて単語作ったのは誰だ。イブイブとか死ね。(挨拶(うわ、殺伐

 いずこの家も大掃除をやっていることだろうと思うが、ロビン家では大掃除を始めて已に3日目に突入している。寝室、パソコンのまわりなどは整備できた。最後に残っている難関は書斎(防音室、父部屋ともいう)である。そこはとりあえず行き場に困ったものが最終的に放り込まれる場所であり、夢の島であり、混沌(カオス)である。ここを片付けねば片付けたことにならぬ。そういうわけで、重い腰を上げてのろのろと整理しているのであるが、ここには昔のマンガとかが大量にあって、「はははあさりよしとおのまんがサイエンスは面白いなあ」という仕儀になりがちな罠がある。さらに、ロビンが昔描いた絵とかが埋まっている。これがロビンが掃除を嫌がり、さらに余人の手を借りるわけにいかない理由である。これも修行です!試練です!でああぁぁ!ぎゃあッ!!(絵描きは昔の自分の絵を見ると精神に負荷がかかる)(捨てていい?捨てていい?でも特撮関係とか再燃しそうで捨てられない)(三国志も再燃しそうだ)


<追記>
 棚の奥から大昔のガロだのジャンプだのサンデーだのが出てきやがった。ドラゴンボールどころではない、カッパえびせんが50円で男どアホウ甲子園でハレンチ学園の時代である。ぶっちゃけ暗い話ばっかりでロビン的には目障りこの上無いのだが、ロビン母のコレクションに相違なく、棄てたり売り飛ばしたりすれば間違いなく火を噴いて怒る気がする。
 最も、保存状態が悪いので売れるかどうか不明だがな。ああ、邪魔くさい
by robin96 | 2006-12-31 15:22

12月29日

 死んじゃう! 目が痛くて死んじゃう!

(新調したメガネをかけた瞬間ゴミが目に入ったらしい
 かれこれ10分以上とれてない)
by robin96 | 2006-12-29 18:08

12月28日

 ロビンにしては珍しく、誕生日に予定がある。忘年会を兼ねて4年生仲間が祝ってくれるそうである。


 ごめんなさい……こんなときどんな顔すればいいのかわからないの……。(まともに祝ってもらうの久しぶりなもんで)
by robin96 | 2006-12-28 15:38

12月26日・メモ

Heinkel「わたしは変態じゃないですよ!仮に変態だとしても、変態という名の紳士ですよ!」
素馨「貴様、しばらく見ないうちに言動が香ばしくなったな……」


 オンラインゲームとかで自分のキャラクターを作ったり育てたりするのは、お人形遊びをする感覚に似ている。他の人間はどうか知らぬが、ロビンは脳内設定を持っている口である

 鯖ごとにテーマを決めるのが好き。青鯖のヘルシングシスターズ(素馨以外はヘルシングに関連する名前を付けられている。火力重視)、黄鯖の天使兄&悪魔妹+鍵男(全員に「Robin」に関連する名前がつけられている。好み重視)、桃鯖の「回転ブラザーズ」(全員に回転に関係する名前がつけられている。回復重視)など。手持ち赤石キャラの中で最も成長著しいのが青鯖。
 同じ鯖のキャラクターはきょうだい同士になるという設定があるが、青鯖のみ「主人(マスター)」と「下僕(スレイヴ)」の関係

 素馨ちゃんのイメージ。全キャラ中素馨が最強。ひとりでPT状態なんだからそりゃ強いだろう。犬乗りをマスターしたので、課金者ほどではないがかなり早い移動ができるのが強み。黒服になり、ますますアーカードっぷりに磨きがかかった。本体はきっと犬
 サマナーであってビーストテイマーではない。全く戦闘の役に立たないマスコットとして、クラゲを飼っている。ラブリー。クラゲだけを連れて犬に乗って疾走する幼女を見たらそれが素馨ちゃん。

 ハインケル。素馨ちゃんの下僕その1。緑の鎧と緑の槍で決めている。「社会勉強」のためにギルドに加入したおかげで、多少強くなる(でもまだ弱い)。最近おっぱい好きがばれた

 ベルナデッド。ドットじゃなくてデッド。素馨ちゃんの下僕その2。いわゆるヴェアヴォルフ。いけないルナ先生。まだ服をえり好みできるほど強くない。ていうか使い走りさせられている。牙コレクションが趣味。


 赤石には、プレイヤー同士でチャットができる機能もついているのだが、最近パーティを組んでいると高確率で猥談になるのは何故だろう。欲求不満なのだろうか。ちなみにこの現象はハインケルを使っているときに起こる。このままでは素馨ちゃんにそのうちシメられたり犬をけしかけられたりするかもしれない。
by robin96 | 2006-12-26 16:54 | メモ

12月25日

 クリスマスだというのに、同輩のMH嬢から鬱な話を聞いてしまった。まあもうこの場にいない人間であるし、ネットとは縁がないと確実に断言できるので、書いても悪いことはあるまい。文句言われたら消そう

 ロビンの中で伝説と化している後輩の消息を久しぶりに聞いた。
 その昔、というか去年、ロビンがサークル幹部であった頃、我々はしばしばその後輩に悩まされたのであり、爆笑させられたのであり、冷笑させられたりもし、なんていうか黒歴史の一部となっている。さんざん揉めた挙げ句「留学したいので勉強する」という理由で退部したように記憶しているが、この後輩のおかげで「世の中には上がある」ということを思い知った次第である。虚言癖、欠席癖、妄想癖その他後輩の悪癖は数え上げればきりがないが、一番鬱なのはどうやらロビンの高校時代から縁(伏線?)があったらしいことである。ロビンが高校時代習っていた個人英語教師が、その後輩も教えていたなんて最近初めて知りました。高校時代の部活の後輩だったのは知ってるけど(卒業してから知った)(ロビンのサークルに入ってきたのは「先輩がいたから」らしい)(まさか俺のことか?)。まあそれはどうでもよろしい。そこまで大見得を切って出たからには、今頃外国にいなくてはならないはずだが、まだ日本にいることが判明。まあひょっとしたら来年行くのかも知れないのでそれはまだ勘弁してやる。クリスマス深夜ミサ(ロビンの仕事とは違うキャンパスにある)に行ったMH嬢(ロビン同様元サークル幹部)が偶然後輩を見つけ、思わず話しかけると「人違いです」と言われたそうである。フルネームで呼ばれて「人違いです」はねえだろ、と思った。人違いです。斬新なスキルだ。それは素晴らしい演技であったそうだ。
 話はさらに続く。深夜ミサの後にささやかなパーティがあったそうなのだが(まあ2時くらいになるか)、MH嬢が帰りがけに確認すると、後輩はまだいた。MH嬢は少なくとも家が近所なのだが、後輩は物凄く遠い場所に住んでるはずである。
 ロビンのサークル幹部としてのフィナーレを飾った苦い思い出でもあるのだが、ロビンたちが深夜ミサの仕事を終えると夜中の1時くらいになってしまうので、参加するメンバーにあらかじめホテルを予約するかタクシーで帰るか、ひとり暮らしのメンバーの家にとめてもらうようにということを告知する(これはロビンの仕事だった)。するとその後輩がクソ忙しいときなのに「どこのホテルがいいか」などと聞いてきおった。そんなこと俺が知るか。「ネットで適当に調べれば」と返事したところ、本当に適当なホテルの情報を何枚かプリントアウトしてきて同じ質問をしてきやがった。どう返事したかは覚えていない。その後、クリスマスが目前に近づいた頃にいきなり電話をかけてきて(しかもロビン自宅に)、「親にひとりでホテルに泊まるなと怒られた」「誰かと一緒ならいいということなので、一緒に泊まってくれ」(何故大学生にもなってひとりでホテルにも泊まれんのか)(仮に譲って「友達も一緒です」と言うくらいの知恵はないのか)と言ってきた。ロビンは泊まる予定がそもそもなく、またあったとしてもその後輩には辛酸をなめさせられていたので拒否。横で聞いていたロビン父、「声が物凄く冷え切ってた」と語る。後で聞くと、他のサークルメンバーにも絨毯爆撃し、見事玉砕していたらしい。結局、物凄く遠い実家にタクシーで帰った。さぞタクシー代がかかったろうと思うが、そもそも深夜ミサの仕事は強制ではないのでロビンは欠席を薦めたのだが何故か出ると言い張ったのであった。噂では意中の人にロマンチックに告白するためであったらしいのだが、本当かどうかは知らない。もし事実だったら許さんが。その後も、ろくに練習にも出ない癖に英国合宿に行くと言い張ったり(練習に出ないので歌うのが下手である)、幹部に就任しないのは病弱といっていたが実は二足のわらじを履いていて疲れるからだったということが判明したり、わやくちゃのうちに後輩は来なくなり、退部した。一同が胸をなで下ろしたのは言うまでもない。
 で、MH嬢の話を聞いて思ったのは、「ホテルに泊まるのはダメで大学に泊まるのはいいのかよ」ということである。そりゃ誰かといっしょではあるだろうが、それは一体誰なんだ? 幽霊か? あの性格で深い仲の友達ができるとは思えんのだが……。
by robin96 | 2006-12-25 19:50

12月24日

 この喜ばしいクリスマスの季節、礼拝で歌いながらいつも思う。

 空気の読めない場違いカップルに火をつけて爆破してやりてえ。いつも雰囲気だけで入ってきやがって、式文の読み方も歌い方もわからんと途中で退席しやがる。ああムカつく。(落ち着け
by robin96 | 2006-12-24 19:17

12月22日

 欧米ではターキー(七面鳥)にクランベリーソースがつきものである。らしい。

 もともとターキーは近代になってから外来した家禽なのだが、とにかくでかくて見栄えがするので、それまでのチキンやガチョウにとってかわられたものである。ぶっちゃけ大味で、あんなもんよりチキンを食った方がうまいとロビン父は申しておる。それはまあどうでもよい。問題はクランベリーソースの方である。
 クランベリー、まあすぐりのことだが(違ったかも知れん)、甘酸っぱくてデザートに適当である。と思うのだが、何故か欧米人はターキーとかチキンとかにこれをつけあわせる。中にはゼリーソースといって、ゼリー状に固めたソース(ほとんどゼリーなのだが)を好きに崩してとるものもある。ていうか、この写真のゼリーソースは本気でうまそうである
 どう考えても、別々に食った方がうまいと思うのだが、まあ食文化の違いだから仕方あるまい。実を言うと、ロビンはイギリスで一度このターキーとクランベリーソースのサンドイッチを食ったことがある。食いながら「あれ?」とは思っているのだが、結局食ってしまった。本音を言うとさしてまずくはない。人によってはうまいと感じるかも知れない。単に冷肉であったせいかもしれん。中国で食った鶏の唐揚げのレモンソースがけよりはましだと思う
 オチがつかぬまま終わる。

 ちなみに明日は乗馬クラブのパーティであり、ロビンが大学に入ってからいっつもサークルの仕事とかぶっていけなかった奴であり、楽しみだなあ!
 その翌日は10割の確率で朝からクリスマス礼拝の仕事なのだが。
by robin96 | 2006-12-22 22:44

12月20日

 蝶サイコー(挨拶)

 この話が武装錬金としか思えないのだが、諸君はどう思うね。

 あと、明日木曜日の聖歌隊コンサートで後輩のジョン君(♀)がとっても長いソロやるので聞きに来てあげてください。
by robin96 | 2006-12-20 02:28

12月18日

 ロッパー(挨拶)

 「えの素トリビュート」というマンガを買った。あるマンガをネタにして、他の多くの漫画家がアンソロジーとして作品を描いてみるという企画である。表紙の「あさりよしとお」「美川べるの」の名に惹かれたのと、ボリュームの割に150円という値段に引かれたのと、ギャグマンガに飢えていたのとで購入した。で、えの素というマンガは知ってる人は知ってるのだが、革命的な素晴らしいギャグマンガであると同時に物凄いお下劣なおげふぃんマンガでもあるのだ。朝目新聞で多少は知っていたのだが、ロビンの想像の遙か斜め上を超えた破壊力に頭を抱えた。どうしようこれ。とりあえずロビン父の枕元に忍ばせてみよう

<参考>
 じょじょ素
 やま素
 ふく素

 三国志ネタで「よこ素」ってできんだろうか。
by robin96 | 2006-12-18 23:28

12月16日

 近頃世間で流行っているもの。

 ノロウィルス。(こないだ生牡蠣2個と焼き牡蠣1個と牡蠣フライ1個食ったがピンピンしている件について)

 ブリーチ。(正直「けしからん制服ですねおねーさーーーーん!」しか知らん)

<追記>感染源は別に牡蠣ではないらしい。ということは、もっと牡蠣の人気が無くなってオイスターバーとかが値下げしてくれるが良いぞ
by robin96 | 2006-12-16 19:40